京都の大学を出て保健師になる魅力を求人事情から理解しよう

京都で将来はどんな仕事をしようかと悩んでいる人は保健師に注目してみましょう。京都における保健師の求人事情を理解すると目指す魅力がよくわかります。特にまだ高卒以下の人の場合には大学に通って保健師になることができるので検討してみましょう。

この記事では京都の大学を出て保健師になる方法や、保健師の求人事情について紹介します。

京都での保健師求人の事情

まず京都における保健師の求人事情を確認して、将来の仕事として選ぶ魅力を考えてみましょう。保健師は国家資格を取得した人にしかできないのが特徴で、産業保健師や学校保健師、行政保健師などの色々な種類があります。

どの場合にも基本的には公衆衛生の向上を目指して仕事をしていて、健康診断の計画や実施、健康相談の対応、感染症などの流行調査と感染対策の周知など、多岐にわたる活動に取り組んでいるのが一般的です。職場によって任せられる職務も異なりますが、構成員や社会の人々の健康を守り、安心して過ごせる環境を作り上げる努力をすることになります。

京都では企業の数が多いこともあってしばしば産業保健師の求人があり、社員の健康管理や健康診断の実施、社内診療所の運営などを業務として働くことが可能です。

保健センターや地域包括支援センターなどでの募集も比較的多く、健康相談を受け付けたり、地域や利用者への啓蒙活動をするのが主な仕事になります。

また、近年増加してきているのは訪問看護ステーションや訪問介護施設で、主に利用者の健康管理や健康相談を担当する現場がほとんどです。介護施設からのニーズもあって同様の業務に携わることになります。このように健康や介護にかかわる仕事に携わっていきたいという人にとって多様な職場を選べる魅力があります。

給与水準も高くて正社員のフルタイムであれば月給20万円から25万円くらいを最低水準に置いている場合がほとんどです。企業では30万円近い金額で雇ってくれる状況もあります。また、保健師の資格を取るためには看護師の資格も必要です。

そのため、希望すれば看護師として仕事を探すこともでき、病院やクリニック、介護施設の他、健診センターや保育園などを候補にできるでしょう。

京都ではこのような現場からの求人がどこからも比較的多く、引く手あまたな状況があります。正社員だけでなくパートや派遣の募集もあり、キャリアがある人は契約社員の求人も候補にできるので色々な働き方を自由に選ぶことが可能です。

保健師になるための四つの道

このように京都の求人事情を考慮すると保健師を目指す魅力が大きいのは明らかでしょう。ただ、保健師になるためには国家資格を取得しなければならないので、社会人になってから保健師になりたいと思ってもためらってしまうことが多くなっています。

国家資格は国家試験を受けて合格すると免許を申請できますが、国家試験を受けるために厳しい受験資格が定められている場合がほとんどです。保健師の場合にも例外ではなく、四つの道の中から選んで受験資格を得なければなりません。

どの条件にも共通しているのは大学や短大、専門学校や保健師養成学校で学ばなければならないことです。最も近道なのが高校を卒業してから大学に四年間通って卒業する方法で、保健師養成のためのカリキュラムを取り入れている看護学科などを選べば試験を受けられます。

同様に四年間で受験資格を得られる方法として保健師養成のカリキュラムがある専門学校を卒業するというやり方もあります。別の方法として看護師になってから学校に通って保健師の受験資格を手に入れるというものも知られていて、看護師として社会で働いてから資格を取るために学校に通っている人も少なくありません。

大学に編入するか大学院に通って2年間学ぶのが選択肢の一つです。もう一つの選択肢は専門学校などの保健師養成学校として認められている学校に1年間通う方法です。どちらの場合にも看護学校や短大、大学などで3年か4年は看護師の資格を取るために通う必要があるので、トータルでは4年から6年かかります。

大学を出て保健師になる魅力

これらの四つの道の中で大学を出て保健師になるのにはどのような魅力があるのでしょうか。求人を見てみるとわかるメリットが二つあります。一つ目は給与について学歴による差が明記されていることがあり、大卒の人は専門学校卒の人に比べて給料が高くなっていることが多いのです。

このような扱いになっているのは学歴社会の名残があるのも確かですが、純粋に知識や思考力などが優れていて活躍してくれる人材が多いからというのが主な理由です。期待が込められている分、早い段階から責任を求められる仕事を任されるようになる傾向もあります。

二つ目は新卒として就職活動を行えるため、中途採用とは別の求人に応募できることです。行政では特に新卒を募集する傾向が強く、中途採用ではなかなか求人に巡り合うことができません。学校保健師についても同様で、新卒なら求人があるのに中途採用では見つからないことがよくあります。

このような現場で働きたいと思っているなら大学を出て就職するという道が最適なのです。

最初から保健師を狙った方が近道

以上のようなことから、これから大学進学を考えているなら最初から保健師になることを狙って四年制の大学に行くのが近道です。看護師としてまずは働いてみたいというのであれば、短大や看護学校でも問題はありませんが、保健師になるのを目指すなら最初から大学を選びましょう。

看護師ならどうするべきか

もう看護師としての資格を持っている場合には大学編入をするか大学院に行くか、保健師養成学校に行くかで悩むことになります。この場合には保健師になるのに時間をあまりかけていられないなら保健師養成学校を選ぶのが無難です。

京都なら仕事先はたくさんあるので就職もできるでしょう。就職口の候補を増やしたいなら大学編入、学術研究をしてみたいなら大学院が最も良い選択肢になります。

将来的に保健師になりたいなら大学へ行こう

将来の仕事として保健師に興味を持ったら大学に進学して保健師の資格を取る道が最短です。京都では中途採用でも保健センターや介護施設などからの求人がたくさんあって仕事に困ることはありません。しかし、新卒として就活をすると行政保健師や学校保健師も候補にしやすくなります。

就職口の候補を増やすのに良い方法なので、まずは大学で学ぶことを検討しましょう。